武庫之荘のリラクゼーションサロン 暦(こよみ)

2015/10/14

アクセス・ボディプロセスのつぶやき その2

ヒロコさんの、ボディプロセスセミナーを受講して早一ヶ月。
さすがに、受講後に感じていたあの高揚感や、幸せ気分は抜けていき、毎日平穏な日々を過ごしております。

アクセスのメニューを受けると感じる、湧いてくる、あの楽しさや幸せな気分。
人によっては、悲しんだり落ち込んだりもあるのに、私はなぜいつも、気分がいいのか。私なりの答え。
バーズ®やボディプロセスを受けると、それまで自分でも気づかなかった、押さえつけていた感情や見たくない気持ちが表面に現れてくることがあります。それが、悲しみだったり、怒りだったりだったりするのですが(それも抜け切ると、信じられないくらいすっきりするのだとか)、楽しみや喜びも同じ感情。それを、押さえ込んでいればそれが表面に出やすくなるのだ、と気付いたのです。

私は、3世帯の大家族の中で育ちました。祖父母は若くて元気、自分には甘く人には厳し人たちでした。いわゆる嫁舅姑問題は日常茶飯事。昭和な家庭では、よくある風景。母はとても辛くあたられていました。祖父母を除いて、私たち家族だけで出かけて、楽しそうに帰ってくると、すこぶる機嫌が悪く、母を呼びつけお小言を言うので、楽しい気分も一瞬で台無しです。私たちはできるだけ、楽しいとか、嬉しいとかいう、感情を彼らに見せないようにしなければならなかったのです。他にも子供ながらにおかしいと思うことやヘビーな出来事もたくさんありました。
もちろん、子供なので、喜びの感情を押し殺すのは四六時中ではなかったのですが、いろんな事情が重なり、大人の顔色は絶えず見ながらの生活でしたので、大人というものや人間関係に関しては、じゃりんこチエのチエちゃん並みに、かなりクールな見方をしている子供だったと思います。

そんなことをふと、思い出しました。

よく笑うし、笑い声も大きくて、会社を休むとすぐわかると、前職場でも有名でした。いつも楽しそうにしていていいねと、よく言われますが、意外に、嬉しいとか喜んでいるという感情を、表現するのが苦手。その状態を人に見られるのも好きではないという一面があります。いわゆる可愛くない女。笑 (あ、でも十分幸せは感じております。特に最近は)
その部分に関しては、あまり日常で困らないので、よく考えずにいましたが、今回はじめて気づきました。だからといって、どうってことないのですが、そういうことなんだなと、発見したのはおもしろかったです。

バーズ®やボディプロセスを受けると、私の中の楽しいものや嬉しい感情が刺激されるのは確かなよう。かなりテンションあがりますし。なので、セッションするのもされるのも本当に楽しくて、どんどんしたくなるのです。

とにもかくにも、いいものに出会うことができて、見つけてよかったと心から思います。みなさんにも、この気持ちを少しでも味わっていただけると嬉しいです。

機会がありましたら、ぜひ、受けてみてくださいね。


kugiri
kugiri
暦 Yoshino Uchida

ライフ・ファシリテーター 
逗子、武庫之荘のサロンにて、人生を主体性のあるものにするためのセッション・セミナーを開催
脳内デトックスのアクセス・バーズ™のセミナー&セッション、股ケア講座などを通して、他人の考えや目線からの送る他人軸の人生から、ただ「自分で在る」ことを知り、自分の心地よさから人生を選択できる人を増やすのが目標。


Instagram
ふと見つけたもの、美味しいもの(主に)、つぶやき、などなど、、、

 





2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
go to pagetop