武庫之荘のリラクゼーションサロン 暦(こよみ)

2022/7/28

甘いだけじゃないんです

こんにちは!

夏真っ盛り〜
夏を快適に過ごす対策を模索する毎日です。

先週のある日、ベランダに吊っている日除けの布を畳もうとしたところ、
布を止めたクリップがおでこにあたりプチ流血。
しばらくしたら、傷の周りが盛り上がり、
うずら卵くらいのたんこぶも出来てました。苦笑

私の子供の頃、少しの傷は消毒し乾かした方が早く治る
とか言われたり赤チンとか塗ったりね。笑


最近では、傷口は消毒せず、
湿潤環境で治すのが主流になりつつありますね。
怪我をして汚れていたら綺麗に洗って、
ラップやキズパワーパッドなどでおおう。
傷は乾かさないこのがポイント。

これが綺麗に早く治るこつ。
何かで覆うことができない場所には、ワセリンもおすすめです。


今回はおでこ。

何か貼ってもよかったのですが、
そんなに傷も大きくないので、
ワセリン、、、と思いつつも、
とりあえず蜂蜜をぺとっとつけておきました。
ワセリンは、お風呂上がりに塗りました。


非加熱の蜂蜜は、再上皮化という
皮膚の治りが早くなる効果があるという報告もあり、

うちでは傷や吹き出物など
皮膚のトラブルはよく使っています。

薬箱に1つあるとおウチの常備薬として心強いのです。


以前は、怪我や吹き出物などのトラブルには、
ラベンダーやティートリーなどの精油を使っていました。

最近ではオールマイティで便利な蜂蜜を使う機会が増えています。

蜂蜜はおやつがわりに舐めたり、料理に使ったりする他、
美容や健康にも使い道がたくさんあるので、うちでは欠かせません。


蜂蜜の活用法は、また少しずつご紹介していきますね。

 

category: ・ご自愛
暦 Yoshino Uchida

50歳から人生の実りを最大限に享受するご自愛のススメ
セルフケアオタクお気に入りのご自愛(セルフケア)メソッドのご紹介
他、日々のこと、仕事のこと、お役に立たない情報もあり。
www.koyomi-12.com

●セラピスト 
2012年おとなサロン暦をオープン
子供の頃から幸せとは?を哲子の探究心で探し続け(無意識)、メノポーズなお年ごろでやっとたどり着いた答えはとてもシンプル。それからの幸せな毎日。
毎瞬毎瞬、幸福を感じ、持てる才能を最大限に生かし、自由に望みのままにスイートな人生を生きることを、全ての女性に味わってほしい。そのための、基本となる心と体作りをサポートしております。

●資格
フェムケアアンバサダー
股こり股ケアプロトレーナー
アクセス・バーズプラクティショナー

読書ファシリテーター

●最近のよかったこと
快適な睡眠の研究で耳栓の探求中

 



2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
go to pagetop